【家づくり体験談】我が家の新築、住んでわかった成功&失敗ポイント

家づくりは迷いの連続。

費用も考えながら本当に大変な作業です。

新築で建てた家で実際に生活する中で、

ここは成功だったな!という点と、

失敗だった!という点をまとめてみました。

それぞれのメリット・デメリットもまとめましたので、

これから新築するという方の参考になればと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

こんな方におすすめの記事
  • 新築を計画中だけど設置するかしないか迷っているポイントがある
  • 食洗器や床暖房の使い勝手が知りたい
  • より良いマイホームを建てるために情報収集中!という方
しずこ

楽しみながら家づくりしたいですね

土地探しからマイホームづくりを検討中の方にはこちらの記事もおすすめです

目次

【家づくり体験談】我が家の成功ポイント!

小さな家の画像

可動棚を多用

キッチン、洗面、リビングの一角などに可動棚を設置しました。

棚柱、金具はネットで、棚板はホームセンターで購入。棚柱だけ大工さんに設置してもらい、金具と棚板は自分たちで設置しました。費用も抑えられ、デッドスペースを有効利用できました。

壁の厚さにより奥行きが十分確保できなかった部分もあるのですが、それでもかなり使えます。

可動棚のメリット
  • 費用を抑えられる
  • 棚板の高さや数を自由に変えられる
  • 天井ギリギリまで有効活用でき収納力大
  • 棚板に乗せる収納ケースなどのグッズによってデザインは自由自在
可動棚のデメリット
  • 耐荷重や奥行きの問題があるので、あらかじめ何を収納するかなど考えておく必要がある
  • 建物の構造上、設置できない箇所もある
  • 外観的に棚柱が美しくないと感じる人もいる

ビルトイン食洗器

打合せ当初は食洗器は設置しないつもりでした。理由は当時住んでいる家に食洗器がなく、手洗いが当たり前だし食洗器をつけても使いこなせるかもわからないし、食洗器自体の掃除やメンテナンスが面倒そうだったから。

ところがこれを離れて暮らす姉や友人に話すと、「絶対付けたほうがいい!」と推されまくり、水道代もデータ上節約になるとの説明を受け、どうやらいいものらしいぞということで設置に至りました。正解でした。

※以下↓は私が現在使用中のパナソニック製の感想になります。

食洗機のメリット
  • とにかく時短できる
  • 乾燥までやってくれるので拭く手間も省ける
  • 出かける前にスタートボタンを押せば帰宅時にはきれいになっている
  • 手洗い用の大きな水切りカゴを置く必要がなくキッチンが広々
  • 高温で洗浄・乾燥するので一定の除菌効果がある
  • 手が荒れにくい
食洗機のデメリット
  • 洗浄中の音は結構大きい(乾燥中は無音)
  • 乾燥まですると1時間強かかる
  • お湯で洗うのでガス代がかかる
  • 庫内に入れられる食器は限られるので入れ方にコツがある
  • 予洗いや食器の入れ方が適切でなかったりすると洗い残しがある
  • 食洗器非対応の食器、不向きな物もある

時間を優先させたい!という方には断然おすすめです。

床暖房

温水式と電気式があり、ランニングコストを抑えられる温水式にしました。

リビングとダイニングに設置しています。廊下がなくひと間続きの家であるため、ここを温めれば1階は全体が暖かくなります。

暖房器具でありがちな、頭がボーっとなる感じがなく快適です。

現在使用して4年で、トラブルもなく特にメンテナンスなどもせず使用できています。

床暖房のメリット
  • 足元から暖かめ、ふく射熱で部屋全体も心地いい暖かさになる
  • 室内の空気が乾燥しにくい
  • 無音
  • 可動エリアを選べる(今はリビングだけ、ダイニングだけ、など)
  • 無風なのでほこりやアレルゲンが舞い上げにくい
  • 出し入れが不要
床暖房のデメリット
  • 初期費用が掛かる
  • 部屋の広さにもよるが全体が温まるのに時間がかかる
  • 床暖房に対応した床材にする必要がある
  • 真冬は床暖房だけでは寒い
  • 故障した場合修理費用が高い

ハウスダストなどの鼻炎持ちの方にもおすすめです。

室内天吊り物干し

洗濯物を干す前、たたむ時に一時的にかけておくこともできるし、雨の日はここに吊るして乾かすこともできます。

天井に収納できるタイプであれば必要のない時はしまっておくこともできます。

雨の日にカーテンレールなどに洗濯物をひっかけたりしなくて済みます。

自分の部屋

限りなく小さいスペースですが自分の部屋を作ることで、自分のものを好きなように置くことができます。

また、ひとりになりたい時にも使えるので作っておいて良かったなと思います。

コンセント多め

間取りの打ち合わせの時に、

「コンセントは後付けするとなるとかなり費用がかかるので、ここ要るかも?という所には付けておいた方がいいですよ」

と担当の方が話されていたので気になる部分にはなるべく付けましたが、助かっています。

無ければそれなりになんとかなるのでしょうけど、ストレスなく過ごせます。

害虫対策

家を新築する時に絶対に外せないテーマが「害虫対策」でした。夏場、特に夜、出るあれです。

いろいろと調べて

  • キッチン、洗面、トイレの排水管の接続部分の隙間をすべてビニールテープで防ぐ
  • 換気扇の排気口に目の細かい網をつける

ということをしてみました。今のところまだ出没していません!

【家づくり体験談】我が家の失敗ポイント!

失敗と成功の文字の画像

単独で設置したトイレの手洗いが使いにくい

1階のトイレはスペース的に小さい手洗い場なら単独で設けることができるとのことだったので、小さ目で気に入ったデザインの手洗い器を設置しました。

「小さすぎて手が洗いにくい!」となっては本末転倒なので、

器の大きさはそれなりにあるものを選び手洗い自体は問題なくできるのですが、

トイレ掃除でしゃがんだ姿勢から立ち上がる時にかなり邪魔です。

なんど腰をぶつけたかわかりません。

2階のトイレはスペースもないので、TOTOのトイレ本体に手洗い器が付属したものを設置しています。

ショールームで実際に見たとき、あまりにも手洗いがしやすいその大きさと深さに驚愕しましたが、本当に使い勝手がよく1階もこれでよかった、と思っています。

水が流れる時間もかなり長めなので石鹸をつけて洗っても全く問題ありません。

掃き出し窓が多いとフェンスが必要

掃き出し窓が複数あると、レースのカーテン1枚では日が暮れてきたときだいぶ室内が外から見えてしまいます

シャッターを下ろすほど暗くもないという時でもシャッターを下ろさないといけなくなるので、外側からの目隠しにある程度の高さのフェンスが必要になります。

1枚は腰高ぐらいの窓にすればよかったかなとやや後悔しています。

とりあえず日当たりを最優先しましたがここは掃き出しでなくてもいいなという場合は小さくした方がコストも抑えられますね。

すべて無料で理想の間取りプランを提案してもらえるサービス

引用 タウンライフ家づくり

「タウンライフ家づくり」サイトではすべて無料

理想の間取りプランを複数の住宅会社にネット上で一括依頼できます。

  • 家にいながら複数の住宅会社から理想の間取りプランを提案してもらえる
  • 何人もの営業マンと会う時間が不要
  • すべて無料

家づくりについての要望を入力(3分)するだけ(無料)複数の住宅会社に一括依頼できます。

引用 タウンライフ家づくり

住宅会社をはしごする必要もなく、効率的に間取りプランを比較検討できますね。

すべて無料のサービスなので気軽に利用できます。

\入力3分!無料で一括依頼 「間取りプラン」「資金計画」「土地情報」申込者全員にプレゼントも/

>> 注文住宅会社比較一括提案サイト/タウンライフ家づくり

【家づくり体験談】まとめ

おもちゃの街の画像

我が家の新築成功ポイントと失敗ポイントをまとめました。

考えて考えて作った家でも後悔ポイントは避けられませんね。家は3回建てないと理想の家にはならないと言われますがパーフェクトはなかなか難しいです。

新築を検討中の方の参考になればいいなと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

土地探しからマイホームづくりを検討中の方にはこちらの記事もおすすめです

シェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる