林間学校|長袖長ズボンってどんなの用意する?服装ガイド!

子供の林間学校があるけど、どんな服を用意したら良いんだろう?

小学校の高学年で行われる林間学校。

我が家の娘も6月に1泊2日で行ってきました。

(例年は2泊3日ですが今年は短縮されました)

林間学校は初めての宿泊行事だったり

暑い季節に山で行われることが多いこともあって

どんな服装にするか迷いますよね

持ってないものもあったりして

新たに用意する必要があったりします。

しずこ

娘の林間学校の体験をまとめました!
これから準備される方の参考になればと思います

この記事でわかること
  • 林間学校に適した服装、素材
  • おすすめの服装
  • 服装選びで気をつけておきたいポイント

※暑い時期の山での活動の場合になります

目次

【林間学校の服装】基本の服装『半袖シャツ+長袖+長ズボン』

学校からの指定では

基本は半袖シャツ+長袖+長ズボン

とありました。

山奥での活動なので

  • 虫さされ(ハチ・あぶ・蚊・ダニなど)
  • 植物や岩などとの接触によるケガ
  • 日焼け

などから肌を守るためですね。

どんな長ズボンにする?

厚手の生地やデニムは蒸れたり、ごわごわ動きにくかったりするので

ジャージ、スウェット生地

がおすすめです。

娘は夏物の長ズボンは持ってなかったので

新しくこちら(↓)を買うことに。

  • SUNDAYS SUNストレッチデイリーパンツ
SUNDAYS SUN
¥990 (2021/09/23 14:31時点 | Yahooショッピング調べ)
  • 綿95%ポリエステル5%
  • サイズ80〜140cm
  • ポケットは左右と後ろに1つ(計3つ)
  • カラーが豊富なので男の子でも女の子でも

娘セレクトでピンク購入。かなり薄手です。

生地はストレッチがきいていて動きやすさは抜群です。

肌に密着したタイプですが

ゴワつかず柔らかくて夏場も大丈夫でした。

お値段が990円とお安いので長くは着られないかもしれませんが

林間用ということで…

これ以外で候補になったのはこちら

  • ユニクロ KIDSウルトラストレッチアクティブ ジョガーパンツ
  • ユニクロ KIDS ウルトラストレッチドライスウェットパンツ

どちらもストレッチ素材で動きやすく、

↑で紹介したSUNDAYS SUNのものよりは生地が厚めです。

ドライスウェットパンツはポケットにジッパーが付いていて作業中の落とし物防止にもなりそうです。

どんな長袖シャツにする?

着脱しやすい長袖のパーカー

がおすすめです。

  • ユニクロエアリズムUVカットメッシュパーカ

速乾性があって、肌触りもさらっとして軽いです。

林間学校後も活躍中です。

半袖のTシャツの上に羽織っていきました。

しずこ

移動中のバス内や休憩中は、適宜脱ぐこともあったそうですが
夜間は小雨も降っていたためずっと羽織っていたとのこと。

半袖シャツ

お手持ちのTシャツ

で十分だと思います。

引っかかりやすい装飾などがなくシンプルなものを選ぶと良さそうです。

靴下

学校の指定ではアンクル丈ではなく

足首あたりまで長さのあるもの

がいいとのことでした。

肌の露出を避けるためですね。

それぞれの学校の指示で用意しましょう。

長時間、外で活動するので

履きなれた靴

という指定でした。

活動中に靴擦れなんてかわいそうですよね。

林間学校用に新調する場合は早めに買って

履き慣らしておくのが良さそうです。

【林間学校の服装】どこで買う?

  • イオンなどショッピングモールの子供服売り場
  • ユニクロ
  • アウトドア用品店
  • ネット

アウトドア用品の商品は物はいいのですが

お値段もそれなりにするので

その後どこかで使う予定のある方には良さそうです。

【林間学校の服装】そのほか必要なもの

パジャマ

娘が行ったのは標高600mの超山奥のキャンプ場でした。

夏場とはいえ朝晩は長袖でもいい気温と聞いていたので

パジャマは長袖のものをベルメゾンで購入しました。

ベルメゾンはかわいいパジャマが多いです。

  • 長袖と半袖と長ズボンの3点セット ¥3,410 (税込)

娘がデザインを気に入っておねだり…

好きな柄のセット(長袖+半袖)を選べます。

ふわふわさらさらの柔らかい触り心地で、期待以上の生地でした。

伸縮性、吸水性もあり◎

半袖と長袖のセットなのがありがたい。

長袖だけのパジャマも候補に上がりました。

  • 胸元二重長袖パジャマ ¥2,970 (税込)

胸元が二重になっているのも助かります。

暑がりさん寒がりさんなどお子さんで違うと思いますが

気温なども考慮しつつご検討くださいね。

レインコート

学校の指定でポンチョNGでした。

ポンチョだとリュックを背負えないし

足元はノーガードなので

「上下セパレートタイプのもの」

という指定でした。

  • EVAキッズレインスーツ上下セット

かなりしっかりした生地で申し分なしです。

学校からわかり易い場所にはっきり記名するよう指示がありました。

活動中にレインコートを使った場合

その後全員分のレインコートを吊り下げて干すらしいのですが

レインコートはほぼ似たような形・色なので、どれが誰のものか毎回混乱するとのことでした。

また雨の確率が高い予報なら

リュック用のレインカバーもあるといいかもしれません。

下着など

下着や靴下は予備も

用意しておきました。

女の子の場合は念の為サニタリーショーツも荷物に入れておくと安心です。

【林間学校の服装】まとめ

林間学校の服装についてご紹介しました。

暑い時期に行われる事がほとんどだと思いますが

山での活動の場合は

  • 肌を露出させない
  • 着脱しやすい
  • 立ったり座ったりしやすく動きやすい
  • 朝晩は冷える場合もあるので長袖も

といった服装が良さそうです。

また、現地の標高や気温、当日の天気予報なども考慮しましょう。

新調する場合はお子さんと話し合いながら

どれをいつ使うかなど確認しながら準備を進められると

現地でも困ることがないかもしれません。

レインコートなどは学校で注文を受けたりすることもありますので、そういった場合はネット購入などと要検討ですね。

しずこ

ケガなく充実した林間学校になりますように

最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる