子育てのイライラをコントロールできる本|アンガーマネジメントのススメ

子育てで毎日イライラしてなんだか自己嫌悪…

イヤイヤ期、反抗期…子育てはイライラの連続です。

親のイライラは子にも伝わって悪影響を与えてしまうことも。

子育てのイライラがある程度コントロールできるなら、とりあえず読んでみようという気分で

この本を買いました。

イライラをコントロールする”アンガーマネジメント”に関する本です。

アンガーマネジメントという手段がある事を知ってると知らないでは大きく違って、

少し意識するだけでも状況が変わってきます。

この記事はこんな方におすすめ

  • 毎日子供のグズグズ・イヤイヤに怒鳴ってばかりで自己嫌悪
  • 本当はもっとおおらかなお母さんでいたいのに、どうしていいかわからない
  • 怒りっぽくなるのは心が狭いから?と思ってしまう
  • 正しい𠮟り方や伝え方がよくわからなくて子供への悪影響も心配

>>全員もらえるプレゼントも!

ママびよりウェブ
目次

子育てのイライラに特化したアンガーマネジメント本

著者は2人のお子さんのお母さんでありアンガーマネジメント講師の篠真希さん。

「母親のためのアンガーマネジメント入門講座」を日本で初開催した、まさに”お母さんの怒り”をコントロールする専門家です。

アンガーマネジメントとは

アメリカで生まれたとされている怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングこと。怒らないことを目的とするのではなく、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになることを目標としている。

(「日本アンガーマネジメント協会」HPより抜粋)

このイライラをコントロールする「アンガーマネジメント」というテクニックを使えば、子育てで感じるイライラを最低限におさえられるというわけです。

この本のポイント① 子育てのイライラは全母にあることを知る

子供のお絵かきの画像
子育てのイライラは全母にあることを知る

まず知るべきは子育てのイライラは全母共通のものであること。

この本には著者自身のリアルな子育て実体験が随所に盛り込まれています。

母である人であればだれもが共感すること請け合いです。

あるある!と頷けるエピソードにクスッと笑える4コマ漫画も紹介されており、サクサク読み進めることができます。

こんな風に思ったことありませんか?

周りのお母さんたちはなんで
あんなに優しく平然としていられるんだろう?

イライラを感じると同時に周りと比べてしまい、劣等感にさいなまれることもあると思います。

でもこの本を読めば母である人であれば同じ思いをしているとわかります。

個人によってタイミングが違うだけで周りと比較する必要もないんです。

本書では”お母さんの怒りポイント”がかなり網羅されています。

怒鳴る代わりに、子供に冷たくあたってしまうということもあります。

引用元「子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本」篠真希(すばる舎)

「……なに?」と冷たく答えたり。顔もむっつり、冷たい視線を送ってしまったり。

引用元「子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本」篠真希(すばる舎)

より一層怒りを感じやすくなるシーン

  • 心身が疲れている時
  • 心に余裕がない時
  • 責任感を感じる時

子育て中はまさにすべて条件がそろっている状態です。

ただその怒りを感じやすいか、そうでないかは

その出来事に対する「意味付け」をする自分自身でコントロールできる

と著者は述べています。

まず子育て中にイライラを感じるのは当然のことと認識しましょう!

この本のポイント② 「怒り」の正体とそのコントロール法を知る

ひまわりの画像
怒りをコントロールする方法

「怒り」の発生源はネガティブな感情

「怒り」を引き起こしやすくさせるものがあります。

それが以下のネガティブな感情です。

  • 疲れ
  • 寝不足
  • 時間的な焦り 【例】〇時までにお風呂に入れなきゃ!
  • 不満 【例】「何度同じこと言わせるの!」
  • 不安 【例】誰も手伝ってくれる人がいない
  • 劣等感 【例】周りのお母さんと比較してしまう
  • 責任感

まずこれらの感情があって、

これらが蓄積されることで「怒り」が引き起こされます。

動物が危機を感じたときに体内で分泌される「アドレナリン」=「怒り」です。

「怒り」をコントロールする方法

「怒り」のピーク時間は6秒

つまりこの6秒間はアドレナリンに支配された状態といえるため、ここをどう過ごすかが重要となりそうです。

すぐに実践できる怒りコントロール法が

わかりやすい具体例や4コマ漫画とともに解説されています。

怒りをコントロールする方法の一部

  1. 「意識をそらす4つの方法」(呼吸リラクゼーション、その場から離れるなど)
  2. 「怒りを超客観的に見つめてみる」方法(怒りに温度をつける、紙に書きだす)
  3. 「『心のコップ』の水があふれる前に抜く習慣」(幸せを感じたことを記録するなど)

瞬間的な怒り対処法と日常的に怒りをコントロールする習慣があります。

1と2の一部は怒りのピーク6秒間をコントロールする方法。

2の一部と3は、怒りとなって現れる前に、発生源のネガティブな感情を蓄積させない方法ですね。

「紙に書きだす」というやり方

「紙に書きだす」はとても効果的だと思いました。

怒りに対してと幸せを感じたこと、ふたつに対して書き出します。

怒りに関しての書き出し方は、

その日の夜など冷静になった時に

「何に対して、どうして怒りを感じて、どうしたのか」

を書き出して、それに対し冷静になった自分の感想や反省次回の対策を思うまま書いてみます。

すると気持ちが吐き出せてスッキリでき、

さらに次に同じような場面になった時には少し冷静でいられたりします。

”次に同じことがあったら、大きな声で叱る前に一旦深呼吸してトイレに入ろう”など

次に備えて対策を立てることも良いですね。

また、楽しかったことや嬉しかったこと、家族に感謝したいこと

1日の終わりにメモしておくのもおすすめです。

小さなストレスや不満がたまった時にそのメモを振り返ると、

支配されていたネガティブな感情から解放されることがあります。

「紙に書きだす」といいこと

  • イライラや怒りがおさまって冷静になった時、振り返りありのまま書き出す
  • 1日の終わりに、楽しかったことや感謝したいことを書き出す

子育てアンガーマネジメントと共に再確認すべきこと

子供の遊ぶ画像
わかっているつもりだったことを再確認

子供とは100回言って初めて伝わるもの

「子供は100回言わないとわからないもの」

引用元「子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本」篠真希(すばる舎)

だからいちいち腹を立てる必要ないんですよね。それが普通だから。

元々のハードルを高く設定していたつもりはなくとも、無意識に高くしてしまっていることってたくさんあります。

「わからなくて当然、なぜなら子供だから」を常に頭の片隅に置いておくのがいいですね。

妥協するということ

〇時までに帰らなきゃ、○○しなきゃ、

という思いばかり先行すると「早くして!」となりがちですよね。

あともう1回ね

あと5分でおしまいにしようね

と一度譲って

愚図りの裏側にある子供の本当の気持ちをくみ取ることが近道だったりしますよね。

大人の常識やルールに無理やりはめ込もうとするより、

子供の願望を少しでも汲んであげる姿勢が

結果的に親にとってもストレス・労力軽減につながることになったりします。

まとめ

子育てのイライラをコントロールする本をご紹介しました

子供と一緒に暮らせるのは実際には短い時間。

怒りなんかにとらわれないで、

子供の健やかな感情を育てながら、自分自身も笑顔で暮らしたいですね。

ぜひ読んでみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>全員もらえるプレゼントも!

ママびよりウェブ


シェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる