見守りGPS「みもり」新モデルの口コミや評判は?料金・性能を他社比較

見守りGPSみもり新モデルの口コミ・評判は?

子供の居場所がわかる見守りGPSの中でも、多機能が搭載され性能もアップしたみもりの新モデル。

実際口コミや評判が気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、見守りGPSみもり新モデルの良い口コミ、悪い口コミとともにみもりでできることや購入方法、解約方法までお伝えします。

子供用の見守りGPSを検討中の方に、みもりと他社GPSの費用やバッテリーのもちを比較しています。

ぜひ最後までご覧ください!

この記事でわかること

  • みもりの良い口コミ・悪い口コミ
  • みもりでできること
  • みもりを使用するメリット・デメリット
  • みもりと他社GPSの費用・バッテリーの持ち比較
  • みもりの購入方法・解約方法
  • みもりがおすすめな人
しずこ

新モデルになって変わったポイントについても解説します

12/27までキャンペーンで台数限定8,580円→7,480円(税込)!※2023年1月末までに開通手続きが必要

納期についての大切なお知らせ

2022/08/05 更新

世界的な半導体不足の影響から2022年の入荷は少量で、現在の在庫が無くなった場合の次回入荷は 2023年秋頃を予定しています。なお、故障時の補修パーツについては十分な予備をストックしていますのでご安心ください。ご検討中のかたはお早めにお求めくださいますようお願い致します。

引用:みもり公式サイト
見たい所へとべる目次

見守りGPSみもりの口コミや評判は?

引用:みもり公式サイト

見守りGPSみもりの口コミや評判をまとめました。

新モデルになり新機能の追加や旧モデルより性能がアップしたことで、圧倒的に「満足」という声が多かったです。

良い口コミ・評判

みもりの良い口コミ・評判を紹介します。

  • 子供がどこにいるのかわかるので安心
  • 学校で携帯の持ち込みが禁止なので助かる
  • 通話できるものは学校で禁止だが一方向の発信ならOKだった
  • アプリの地図上に移動履歴がでて移動履歴を見ながら後を追いかけられる
  • 常にスマホを見なくても通知が来るので便利
  • メッセージはテキストでも送信できて便利
  • 車での移動もわかって助かる
  • エリア通知も問題なく使える
  • 新モデルでLTE-Mでの通信が採用されて安心
  • アプリがシンプルで使いやすい
  • 子供からも親からも発信できお迎えがしやすい
しずこ

位置情報がおおむね正確という声が多くありました

はむくん

みもりは音声メッセージが送れるのが大きな特徴だよね

悪い口コミ・評判

悪い口コミもありましたので紹介します。

  • 数十mから100m位置がずれる時がある
  • 取扱説明書がわかりにくい
  • 通知機能に20〜30秒のラグがある

見守りGPSみもりにできること

みもり新モデル
引用:みもり公式サイト

みもりの機能についてまとめました。

  • 子供の居場所がスマホでわかる
  • 指定エリアへの出入りをスマホに通知
  • 保護者から音声メッセージを送信できる
  • 子供から現在地を発信できる
  • 危険エリア・不審者目撃エリアを警告できる
  • 子供の乗り物で移動したらスマホに通知
  • 学校モードにできる
  • 1回の充電で最大2〜3週間稼働

みもりの基本情報は、次の通りです。

みもりの基本情報

料金本体8,580円 月748円 12/27まで7,480円※2023年1月末までに開通手続きが必要
サイズ48×48×19.6(mm)
重さ48g
バッテリー1350mAh
フル充電時間2〜3時間
対応エリアドコモLTE(日本全国)
測位方式GNSS (GPS/みちびき/GLONASS/BeiDou/Galileo)アシストGPS  Wi-Fi 
移動履歴の保存2週間 
更新頻度1.5〜2分/3〜5分 登校時間(7:30〜8:30)は1分間隔
期間の縛りなし
見守る人数最大8人まで
保証1年間
製造日本
公式サイト【公式】みもり
みもり基本情報

子供の居場所がスマホでわかる

子供の居場所がスマホでわかる
引用:みもり公式サイト

スマホで簡単に子供の居場所がわかります。専用のアプリをダウンロードするだけで、地図上に子供の位置が表示され、手動で検索する必要なく、自動で位置情報が更新されていきます。

位置情報が更新される間隔は、次の通りです。

  • エコモード :3~5分
  • 更新間隔優先モード: 1.5~2分
しずこ

更新間隔優先モードでは、登校時間帯(7:30~8:30)の間、自動的に更新が1分間隔に短縮されます

また、移動履歴は2週間保存されるため、後でどのルートを通ったのか確認したいときにも便利です。

指定エリアへの出入りをスマホに通知

指定エリアへの出入りをスマホに通知
引用:みもり公式サイト

あらかじめよく行く場所(自宅・学校・塾など)を指定しておくことで、子供が指定エリアに出入りしたときに、スマホに通知されます。

「出発」「到着」の通知がされるため、スマホで子供の移動を見続ける必要がありません。

エリアは最大100か所まで設定できます。

保護者から音声メッセージを送信できる

保護者から音声メッセージを送信できる
引用:みもり公式サイト

保護者の音声メッセージを、月に100回まで追加料金なしでみもりに送信できます。

帰宅が遅くなっているときに「早く帰っておいで」と促すことなどができます。

メッセージが確認されたら、確認済みの通知もされるため安心です。

音声メッセージの送信方法は、次の3つです。

  • スマホのみもりアプリで音声を直接録音する(最大5秒)
  • テキストでメッセージを入力して音声に変換する(最大30文字)
  • 収録された音声の中から選択して送信する

音声メッセージの送受信は、次のような流れで行われます。

STEP
スマホからメッセージ送信

上述した方法でメッセージを送ります。

STEP
みもりがメッセージを受信
STEP
LEDランプや音声でお知らせ(受信方法は4つあり選択可能)
  • LEDランプの点滅のみで通知
  • LED+電子音で通知
  • 位置情報が更新されるタイミングで通知(エリア内では音は鳴らない)
  • 送信後すぐにメッセージ再生

「LED+電子音で通知」「送信後するにメッセージ再生」の設定の場合、学校モードでも音声が再生されるため注意しましょう。※学校モードについては後述

STEP
音声メッセージボタン(☆ボタン)を2回押す

みもりで音声メッセージを確認したら、☆ボタンを2回押すと、保護者のスマホに「メッセージ受け取ったよ」というサインを送れます。

STEP
音声メッセージが確認されたことを保護者のスマホに通知

 

音声メッセージはみもり内に3か月間保存されます。

\スマホからGPSにテキストでメッセージが送れる見守りGPSconeco(コネコ)の記事はこちら/

子供から現在地を発信できる

子供から現在地を発信できる
引用:みもり公式サイト

通知ボタン(△ボタン)を押すことで、保護者のスマホに子供の現在地を送信できます。

SOS発信としても使えるほか、お迎えの合図で使用することもできます。

しずこ

現在地の発信は、親子で話し合っておけばいろいろな用途に使えますね

危険エリア・不審者目撃エリアを警告できる

あらかじめ保護者が指定した危険エリアに子供が近づいた場合や普段の行動範囲から外れた場合、音声で警告できます。

子供に警告するのと同時に、保護者のスマホにも危険エリアの立ち入りが通知されます。

また、みもりは日本不審者情報センターから配信される不審者情報と連携しており、子供が不審者目撃エリアに入ったときにブザーで警告できます。

同時に保護者のスマホに通知されほか、不審者情報はスマホアプリの地図上でも確認できます。

日本不審者情報センターとは

全国の不審者情報を集約して管理、配信する会社

子供が乗り物で移動したらスマホに通知

子供が車やバス、電車など乗り物に乗って移動した場合、保護者のスマホに通知されます。

アプリで、検知するスピードを4つの中から(時速10㎞以上・20㎞以上・30㎞以上・40㎞以上)選択できます。

しずこ

バスや電車を通学に使っている場合にも便利、万が一の場合も早く気づけます

学校モードにできる

学校で音声が再生されたり、音が鳴ったりするのを防ぐため「学校モード」というサイレントモード設定ができます。

学校などの指定されたエリアに入ると同時にサイレントモードになり、エリアを出るとサイレントモードが解除される便利な機能です。

学校に限らず、塾などの習い事などエリアを指定しておけばエリア内にいる間は音声メッセージや音声による警告などは再生されません。

1回の充電で最大2〜3週間稼働

利用方法や電波状況によって消耗の仕方は異なりますが、基本的には1回の充電で最大2~3週間使用できます。

  • エコモード:2~3週間前後
  • 更新間隔優先モード :2週間前後

※1日3時間利用した場合

バッテリーの消耗は利用の仕方で変わります。

例えば登校時のみの利用と終日の利用では、次のように変わります。(あくまで目安です)

  • 登下校時のみ利用(1日2時間程度)
  • 更新間隔優先モード(1~2分間隔更新)

10日程度もつ

  • 遠足や長時間の移動で朝から夕方まで利用(1日10時間程度)
  • 更新間隔優先モード(1~2分間隔更新)

5日程度もつ

また、バッテリーの残量が残り30%になった時と10%になった時に、スマホに通知されます。

充電のタイミングを逃さないため、バッテリー不足で位置情報がわからなくなるという事態を防げます。

さらに、「30%で通知が来てもそれから充電するには時間的に余裕がない」という場合に対応して、早めの通知に設定を変えることも可能です。

バッテリー残量通知
引用:みもり公式サイト

通知がほしい残量と時間を選択し「19時に30%以下でお知らせ」などとお好みのタイミングを設定しておくことができます。

見守りGPSみもりの新モデルで変わったポイント

みもり新モデル
引用:みもり公式サイト

見守りGPSみもりが新モデルになり、先述した音声メッセージ機能に加えて、次の点がリニューアルしました。

  • バッテリー容量アップ
  • みちびきに対応し精度向上
  • GPS本体紛失時に電子音が鳴る
  • 端末本体が25%小型化
  • 充電時間が短縮された

バッテリー容量アップ

前のモデルでは1,300mAhだったバッテリーが、1,350mAhになり容量が増えました。

連続稼働時間もながくなりました。

みちびきに対応し精度向上

前のモデルの測位衛星はGPS(米国)のみでしたが、新モデルでは日本上空を飛ぶみちびきを含めた5種の衛星に対応しています。

新モデルの測位衛星

GPS(米国)・みちびき(日本)・GLONASS(ロシア)・BeiDou(中国)・Galileo(欧州)

これにより、より正確な位置情報が得られるようになりました。

GPS本体紛失時に電子音が鳴る

家の中にあるはずのみもりが見当たらないとき、アプリの「みもりを鳴らす」機能を使うことで、みもり本体から電子音が流れ場所を特定できます。

家の中を探し回る手間が省けます。

GPS本体が25%小型化

前のモデルから約25%小型化されました。

前モデル 幅54×高さ54×厚み20mm 重さ55g

新モデル 幅48×高さ48×厚み19.6mm 重さ48g        

ランドセルの肩紐部分にちょうど合うサイズです。

充電時間が短縮された

前モデルと比較して、充電速度が約2倍になりました。

2〜3時間でフル充電となります。

見守りGPSみもりを他社と比較

子供用の見守りGPSにはさまざまな商品がありますが、みもりは他社の製品と比較するとどうなのか気になりますよね。

位置情報の精度や料金、バッテリーのもちを他のGPSと比較しました。

位置情報の精度は良好

位置情報精度を比較する要素は、位置情報の測位衛星や利用者の口コミです。

位置情報測の測位衛星は、全部で6種ありますが、みもりは子供用見守りGPSの中では最も多い5種に対応しています。

みもり以外で5種対応しているのは、次のGPSです。

みてねみまもりGPS、soranome、みまるく、goo of thingsいまここ

また、口コミでは位置情報の正確さについて最も多かったのが「おおむね満足」という声。

多少のズレはあるものの、子供の位置が特定できる正確さがあり問題なく使用できるという声が多くありました。

みもりの位置情報精度は、良好といえるでしょう。

料金はかなりリーズナブル

2年間の総額料金を表にまとめました。

みもりはGPS本体価格が8,580円、月額料金が748円で、2年間の総額料金は26,532円になります。

スクロールできます
GPS名2年間総額料金端末⇛スマホ発信スマホ⇒端末
みてねみまもりGPS17,952円
goo of things いまここ18,592円
どこかなGPS13,200円
まもサーチ216,980円※1
みまるく17,886円
みもり26,532円
soranome30,756円
otta.g 35,200円※2 
coneco31,320円
料金比較

すべて税込価格

※1 年額プランでの計算

※2 スタンダードな月880円のプランで計算

GPS端末からスマホへの発信とスマホからGPS端末への発信がともに可能であることを考えると、かなりリーズナブルな価格です。

バッテリーは安心の大容量

子供用見守りGPSの中でも、バッテリー容量の大きいものを表にまとめました。

みもりのバッテリー容量は、1350mAhです。

GPS名バッテリー容量
みてねみまもりGPS2000mAh
GPSBoT1400mAh
みもり1350mAh
まもサーチ21100mAh
みまるく1100mAh
バッテリー容量

子供用見守りGPSの中では、みもりのバッテリー容量はかなり大きいタイプです。

バッテリーの消耗は、使用頻度や環境によっても大きく変わりますが、容量は一定の目安になります。

頻繁に充電するのはランドセルから取り外す手間がかかる上、バッテリーが不足して位置情報が取得できなくなる恐れもあるため、できるだけバッテリー容量のあるGPSを選べるのが理想です。

\人気の見守りGPSを項目別にランキングでまとめました/

見守りGPSみもりのデメリット

みもりのデメリットは2つです。

  • リアルタイムで相互にやり取りはできない
  • 充電用ケーブルは別売り

リアルタイムで相互にやり取りはできない

みもりGPSには通話機能がありません。

スマホからみもりに、みもりからスマホに一方向で発信することは可能ですが、リアルタイムでのやり取りはできません。

充電用ケーブルは別売り

みもりGPS本体に充電用ケーブルは同梱されていません。

micro USB type-Bを別で購入する必要があります。

見守りGPSみもりのメリット

みもりを使用するメリットは、次の点です。

  • 月額料金以外の追加料金・違約金なし
  • 位置情報の更新が最短で1分
  • 親子ともに発信機能がある
  • 格安スマホでも利用可能

月額料金以外の追加料金・違約金なし

みもりは、GPS端末の購入代と月額料金以外に費用はかかりません。

位置情報を取得する場合や、複数人で見守る場合、音声メッセージを送信する場合にも追加料金はかかりません

また、期間の縛りもないため違約金や解約金などもありません。

必要なのは、GPS本体購入代と月額料金のみです。

位置情報の更新が最短で1分

みもりの位置情報の更新は、通常1.5分間隔ですが、朝の登校時間(7:30~8:30)は1分間隔での更新に短縮されます。

子供用見守りGPSの位置情報更新は最短で1分であることを考えると、みもりは高性能グループといえそうです。

GPS本体・スマホともに発信機能がある

子供用見守りGPSは、子供から現在地を発信できる機能のみのタイプが多いですが、みもりは保護者のスマホからも音声メッセージが送信できます。

子供にメッセージを伝えられる機能があるのは、大きな安心につながります。

格安スマホでも利用可能

大手キャリアのキッズ携帯では、保護者が大手キャリアユーザーでないと位置情報サービスを利用できない場合がありますが、みもりは保護者が格安スマホユーザーでも対応スマートフォンがあれば使用できます。

みもり対応スマートフォン
  • iPhone iOS 12以上
  • Android 7.0以上

対応スマートフォンであっても利用できない場合があるため、購入前にアプリをインストールして動作確認するのがおすすめです。

見守りGPSみもりの購入方法・支払い方法

みもりの購入方法と支払い方法について見てみましょう。

みもりの購入方法

みもりは、以下から購入できます。

12/27までキャンペーンで台数限定8,580円→7,480円(税込)!※2023年1月末までに開通手続きが必要

みもり到着後3か月以内に開通手続を行わないと、内蔵のSIMが利用できなくなり再購入が必要になるので注意しましょう。

しずこ

GPS本体を購入するのと同時に充電用ケーブルを用意しましょう!(必要な場合はアダプタも)
到着時は充電されていないので、最初に充電が必要です。

みもりの支払い方法

月額料金の支払い方法は、クレジットカード払いのみです。

対応しているクレジットカードは、次のカードです。

VISA / mastercard / JCB / AMERICAN EXPRESS / Diners Club / DISCOVER

見守りGPSみもりの解約方法

解約は専用フォームから簡単に申請できます。

解約金や違約金などはなく利用開始の翌月以降であればいつでも解約できます。

解約時に注意したい点は次の2つです。

  • 解約の申請は契約終了日の5日前までに申請
  • 一度解約すると同じ端末で再契約はできない
しずこ

一旦解約したあとでまた使用したい場合は、また新たに購入する必要があるので注意しましょう!

見守りGPSみもりがおすすめな人

みもりをおすすめしたいのは、次のような方です。

  • 学校は携帯の持ち込みが禁止されている
  • 位置情報だけでなく子供からの発信機能がほしい
  • 保護者からもメッセージを送りたい
  • 子供が乗り物に乗った時に通知してほしい
  • 不審者情報を反映した見守りがしたい
  • キッズ携帯はまだ持たせたくない
  • 保護者が格安スマホユーザーで大手キャリアの位置情報サービスが使えない

見守りGPSみもりはスペック・コスパともに抜群

みもりには、子供用見守りGPSの中でも数少ないスマホからGPS本体に発信ができる機能がありますが、その割にかかる費用はリーズナブルでとても優れたGPSです。

口コミでも位置情報を元に子供の場所にたどりつける、発信機能でお迎えなどもスムーズにできるといった満足の声が多く見られました。

通話機能はありませんが、それによって学校での持ち込みが許されているという側面もあります。小学生の登下校には最適のGPSといえるでしょう。

ブログ村ランキング参加中

シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


見たい所へとべる目次