【子ども見守りGPS】おすすめ10社を機能別で紹介!

小学校入学で登下校が心配。
子供の位置がわかるアイテムがほしいけど
なにがいいんだろう?

学校の登下校などひとりの外出が増える新1年生をもつ親御さんの不安を解消してくれるアイテムといえば

子供用の見守りGPS

です。

子供用見守りGPSは、子供の居場所をスマホで確認できるというアイテム。

しずこ

我が家も子供の小学校入学時に購入しました!

最近では様々な機能のある見守りGPSが販売されていて

「なにを選んだら良いかわからない」という方も多いと思います。

この記事では、機能別に3つのタイプに分けておすすめの見守りGPSを紹介していきます。

おすすめ見守りGPS10社

  • 位置情報のみの機能▶みてねみまもりGPS/GPSBoT
  • 位置情報+子供から発信できる機能▶どこかなGPS/まもサーチ2/soranome/みまるく
  • 位置情報+子供と親が相互に発信できる機能▶みもり/amue link/otta.g/coneco
この記事でわかること
  • 子供用見守りGPSの基本的な機能
  • 子供用見守りGPSの選び方のポイント
  • キッズケータイとの違い
  • 3つの機能別 おすすめGPS
  • 3つの機能別 個人的イチオシGPS

※この記事での情報は2021年11月現在のものになります

※価格表記はすべて税込です

目次

小学生の登下校を「見守る」GPS

子供がひとりで学校へ行くようになり

「ちゃんと学校着いたかな?」

「なかなか帰ってこないけど今どこにいるんだろう」

といった心配を減らしてくれる見守りアイテム。

どんなものがあるかというと

  • 子供用見守りGPS端末
  • キッズケータイ、スマホ
  • スマートウォッチ
  • 荷物紛失防止用スマートタグ

すべて居場所がわかるアイテムですが

子供用見守りGPSは、子供のひとり歩きを見守ることに特化したアイテムです。

【見守りGPS】基本的な機能

子供の安全を守るための見守りGPS。

今ではさまざまな機能を持ったものが販売されていますが、共通する基本的な機能がこちら。

  • 親のスマホに専用アプリをインストールすることでGPS端末を持っている子供のいる位置がわかる
  • いつどんなルートを通ったかわかり一定期間、移動履歴が保存される
  • 指定したエリアへの発着を通知してくれる
  • 複数人で子供の移動を見守れる
はむくん

どこにいるかわかるだけでも
安心するね

【見守りGPS】キッズケータイとの違いは?

小学校入学時にキッズケータイをもたせれば位置情報もわかるし

通話やメールなどで連絡もとりあえます。

ただ、キッズケータイについては

  • 学校への持ち込みが禁止
  • リスクを考えてまだ持たせたくない

いう場合もありますよね。

それ以外にも、キッズケータイより見守りGPSの方が導入しやすい理由があります。

キッズケータイの場合

  • 親も同じキャリアのスマホが必要
  • 位置情報の取得には追加料金がかかる
  • 費用が高め
  • 契約期間に縛りがある

という壁があります。

特に低学年のうちは見守りGPSの方が導入しやすいアイテムと言えそうです。

しずこ

格安スマホユーザーの方などにとっても
導入しやすいですよね

【見守りGPS】選ぶ時のポイント

様々な見守りGPSの中からどれを選ぶか?迷いますよね。

見守りGPSを選ぶ時にチェックしたいポイントをまとめました。

  • 3つの機能タイプ
  • 2つの料金体型
  • 位置情報の精度
  • 位置情報の更新頻度
  • バッテリーの持ち

それぞれみていきましょう。

まずはじめに「どんな機能を求めるか」というところです。

3つの機能タイプ

今販売されている見守りGPSは、大きく分けて3つのタイプに分けられます。

  1. 位置情報がわかる機能のみ
  2. 位置情報+子供(GPS)から親(スマホ)へ発信できる機能
  3. 位置情報+子供(GPS)と親(スマホ)が相互に発信しあえる機能

どこまでの機能を求めるかによって選ぶものが変わってきます。

位置情報がわかる機能のみのタイプ

子供の居場所がスマホアプリの地上に示される機能のみです。

指定したエリアに着いた、出発した、という通知は来ますが、

互いに発信したり連絡をとったりする機能はありません。

おおむねバッテリーが長持ち費用もおさえめです。

位置情報のみの機能ではありますが、位置情報の精度は高め

ボタンや音の出る機能がないので、ランドセルに入れておいても学校で音が鳴る心配もありません。

子供から発信ができるタイプ

GPS端末に発信ボタンがあり

子供の位置情報に加えて、登下校中に困ったことがあったときや

親子で決めたタイミングで発信ボタンを押し、子供の居場所を親に知らせることができます。

位置情報だけのタイプより充電頻度はあがり費用も高めになります。

親子間で相互に連絡を取り合えるタイプ

「音声メッセージ」でやりとりするものと「文字」でやりとりするものがあります。

直接連絡が取れるのでいざという時も安心です。

3つのタイプの中では、最も安心なタイプですが

バッテリーがあまりもたないのと費用が高めというデメリットも。

3つの機能別のおすすめ見守りGPSを次の項目でご紹介します。

2つの料金体系

見守りGPSの料金体制は2つあります。

  1. 端末本体価格に◯年間の通信料が含まれている買い切りタイプ
  2. 端末本体価格と月々の通信料を別で支払うタイプ

買い切りタイプ

一定の期間(2〜3年)の通信料が本体購入価格に含まれています。

期間内は月々の支払いはありませんが途中解約ができず、

指定された期間を超えて使用したい場合は

再購入が必要だったり月々の支払いが発生したりするので要注意。

端末本体価格と月々の通信料が別のタイプ

端末購入時に本体代を支払い、さらに毎月通信料を支払うものです。

期間の縛りがありません。

長く使いたい場合にはこちらのタイプがいいかもしれません。

ただ見守りGPSも、一定期間使用するとバッテリーが劣化し頻回の充電が必要になります。

我が家も一番最初に購入した見守りGPSは3年で充電が持たなくなり、買い替えました。

小学校入学時に購入し卒業まで使用したい場合、買い替えが一度は必要になると思います。

また、購入時に事務手数料が必要なものや、

メッセージ送信機能のあるもので上限を超えてメッセージを送信したい場合に追加料金が必要なものもあります。

はむくん

2〜3年単位で比べるのがいいかも

位置情報の精度

位置情報は人工衛星から送られる信号によってわかります。

捕捉する衛星の数が多かったり、日本の真上を飛ぶ日本産の衛星「みちびき」に対応した端末は位置精度が高いと言われています。

各GPS端末の仕様の測位方式で確認できます。

位置情報の更新頻度

基本的に位置情報は自動で更新されますが、その更新頻度は商品によって違います。

どれくらいで位置情報が更新されるのかもGPS選びのポイントになるかと思います。

低学年のお子さんの登下校を見守りたい場合は、なるべく高頻度のものがおすすめです。

高頻度のものだと1分や1.5分です。

また、自動更新を待たずに手動で更新できるものもあります。

バッテリーの持ち

バッテリーが長持ちのものだと、1回の充電で1ヶ月もつものもあります。

バッテリーは移動時間が長かったり、更新頻度が多いほど減りが早くなります。

学校まで遠かったり、放課後に習い事や友だちと出かける事が多い場合などは

バッテリーの持ちが良いものを選ぶのがおすすめです。

「ランドセルから取り出して充電ケーブルにつなぐ」というのも頻回だと手間がかかりますし、

バッテリー切れで位置情報がわからない!というのが一番困るので

私はバッテリーの持ちが良いものを選びました。


次に3つの機能タイプ別おすすめGPSをご紹介していきます。

「位置情報機能のみのタイプ」おすすめGPS

位置情報だけのシンプルな機能です。

  • 位置情報精度は高め
  • 本体価格、通信料ともに安い
  • バッテリー長持ち
  • 指定エリアの発着通知はあり
  • 互いに連絡はとれない
  • 発信ボタンがないので学校で音が鳴ってしまうことがない
端末2年間の費用
みてねみまもりGPS(mixi)17,952円
GPSBoT(ビーサイズ)17,952円
位置情報機能のみのタイプ おすすめGPS

みてねみまもりGPS(mixi)

バッテリー容量は見守りGPSの中で最大の1800mAh!

料金本体5,280円 月528円 (2年間で17,952円)
サイズ48×48×20(mm)
重さ51g
バッテリー1800mAh
フル充電時間3.5〜4時間
対応エリアドコモLTE
測位方式GNSS(GPS / みちびき QZSS / BeiDou / Galileo / GLONASS)アシストGPS(A-GPS)
Wifi携帯基地局 加速度センサー ジャイロセンサー
移動履歴の保存3ヶ月間
更新頻度1.5分/3分 から選択
期間の縛りなし
見守る人数制限なし
公式サイト【公式】みてねみまもりGPS
みてねみまもりGPS基本情報
  • 位置情報のみのシンプルタイプ
  • 発信ボタンなし
  • 1回の充電で最大1ヶ月前後と超長持ち(更新頻度3分の場合)
  • ホワイト・ブルー・ピンク・グリーンの4色から選べる
  • 歩数計機能もあり

シンプルに子供の位置がしっかりわかればOKという場合には

費用もかなりおさえめこまめに充電する手間もかからないのでおすすめです。

歩数計機能は親としては必要性を感じませんが

子供は楽しんで見ています。

しずこ

我が家ではみてねみまもりGPSを使用中です

くわしいレビュー記事はこちらからどうぞ

GPSBoT(ビーサイズ)

利用者No.1!見守りGPSの元祖

我が家も以前使っていました。

GPSBoT
GPSBoT(ビーサイズ)
料金本体5,280円 月528円 (2年間で17,952円)
サイズ50 ✕ 50 ✕ 18 (mm)
重さ46g
バッテリー1400mAh
フル充電時間3〜4時間
対応エリアドコモLTE
測位方式GNSS( GPS / みちびき QZSS / BeiDou / Galileo / SBAS )アシストGPS(A-GPS)
Wifi携帯基地局 加速度センサー ジャイロセンサー
移動履歴の保存1週間
更新頻度1.5分/3分 から選択
期間の縛りなし
見守る人数制限なし
公式サイト【公式】GPSBoT
GPSBoT基本情報
  • 位置情報のみのシンプルタイプ
  • 発信ボタンなし
  • 1回の充電で最大1ヶ月前後と長持ち(更新頻度3分の場合)
  • 子供用GPSの中でも長い実績がある
  • 利用者ナンバー1

現在使用中のみてねみまもりGPSの前に、GPSBoTを3年使用していました。

子供用見守りGPSの草分け的存在で利用者数もNo.1の実績のあるGPSです。

位置情報もかなり高精度で申し分なしです。

しずこ

みてねみまもりGPSとGPSBoTは機能的にはほとんど同じ。
みてねみまもりの方がバッテリー容量が大きく歩数計機能がつきます

「位置情報+子供からの発信機能ありタイプ」おすすめGPS

子供の位置情報に加えて、

GPS端末(子供)からスマホ(親)へ発信できる機能があるタイプです。

GPS端末の発信ボタンを押すタイミングを親子で決めておけば

(「迎えに来て」など)連絡手段にもなります。

  • 費用は位置情報機能のみのシンプルなタイプより高め
  • バッテリ−容量は位置情報機能タイプより小さめ
  • 子供から伝えたいときに発信できるので安心
  • GPS端末側はメッセージ受信する機能がないので音がなる心配なし
端末2年間の費用
どこかなGPS(ソフトバンク)13,200円
まもサーチ2(IoTBank)18,652円
soranome(グローバルコネクション)30,756円
みまるく(モリトジャパン)17,446円
位置情報+子供からの発信機能ありタイプ おすすめGPS

どこかなGPS(ソフトバンク)

お値段の割に機能がもりだくさん!

料金13,200円(本体代+2年間の通信料) 3年目以降は月額使用料440円必要 
サイズ47×47×15.5(mm)
重さ34g
バッテリー397mAh
フル充電時間約90分
対応エリアソフトバンクLTE
測位方式GPS/GLONASS/みちびき  Wi-Fi 携帯電話基地局
移動履歴の保存3日間 
更新頻度3分/5分/10分/30分/自動更新なし から選択
期間の縛り2年
見守る人数最大4人まで
公式サイト【公式】どこかなGPS
どこかなGPS基本情報
  • 位置情報+子供から発信できる機能
  • 親(スマホ)からの発信はできない
  • 手動で位置情報の更新ができる(2年間は追加料金なし)
  • 家( WiFiエリア)に入った時、出た時にメールで通知
  • 子どもと一定距離離れるとスマホに通知できる
  • 1回の充電で約7日間もつ(5分更新、いまどこ検索オフの場合)

お値段の割に機能がたくさんあります。

ただ、バッテリー容量がかなり小さいのでこまめな充電が必要になりそうです。

手動で更新もできますが、自動更新頻度が最短3分と少し少なめではあります。

3年目以降は月々440円かかるので要注意です。

まもサーチ2(IoTBank)

2021年11月末まで通信料2か月無料

発信ボタンがありながら最安級の通信料。

料金本体5,980円 月528円/年額プラン年5,500円(2年で月額プラン:18,652円/年額プラン:16,980円)
サイズ45×45×15(mm)
重さ36g
バッテリー1100mAh
フル充電時間約3時間
対応エリアソフトバンクLTE
測位方式GPS WiFi 携帯電話基地局 加速度センサー
移動履歴の保存90日間 
更新頻度1~2分/3~4分/自動更新なし から選択
期間の縛りなし
見守る人数最大5人まで
公式サイト【公式】まもサーチ2
まもサーチ2基本情報
  • 位置情報+子供から発信できる機能
  • 親(スマホ)からの発信はできない
  • 1回の充電で最大1ヶ月持つ(更新頻度3〜4分の場合)
  • 月額プランと年額プランがあり年額プランがお得

子供からの発信機能が付きながら、位置情報のみのシンプルタイプと変わらない月額料金。

バッテリー容量もかなりあるので充電頻度も少なくて済みそうです。

soranome(グローバルコネクション)

4色のシリコンカバーが標準でついてくる!

料金本体14,520円 月539円 (2年で30,756円) ※事務手数料3,300円
サイズ51×51×15(mm)
重さ39g
バッテリー700mAh
フル充電時間1~2時間
対応エリアドコモLTE
測位方式GNSS (GPS/GLONASS/Beido/Galileo/みちびき) A-GPS WiFi(SOS 発動時)
移動履歴の保存30日間 
更新頻度1分30秒/3分/5分/10分/30分 から選択
期間の縛りなし
見守る人数最大3人まで
soranome(ソラノメ)基本情報

公式サイト

大切なお子さまをGPS端末で見守り 「soranome(ソラノメ)」
  • 位置情報+子供から発信できる機能
  • 親(スマホ)からの発信はできない
  • 1回の充電で最大1週間持つ
  • 4色のシリコンカバー付属( ブルー・ピンク・イエロー・グレー)
  • 3秒長押しか3回プッシュでスマホにSOS通知ができる
  • 事務手数料(3,300円)あり

費用はやや高めで事務手数料がかかります

1回の充電で1週間持つので週末に充電すれば足りるのが使いやすそうです。

4色のシリコンカバーが付いてくるのでお子さんの気分でカバーを変えられるのもいいですね。

みまるく(モリトジャパン)

費用、機能、バッテリー容量などすべてのバランスのいい見守りGPS。

使用初月の通信料が無料

みまるく(モリトジャパン)
料金本体6,820円 月462円 (2年で17,446円) 
サイズ65×40×17(mm)
重さ55g
バッテリー1100mAh
フル充電時間3〜4時間
対応エリアドコモLTE
測位方式GNSS (GPS/ みちびき/GLONASS/Galileo/ BeiDou) Wi-Fi 携帯基地局
移動履歴の保存1週間 
更新頻度1分/3分/5分
期間の縛りなし
見守る人数最大10人まで
公式サイト【公式】みまるく
みまるく基本情報
  • 位置情報+子供から発信できる機能
  • 親(スマホ)からの発信はできない
  • 別途送料(税込440円)かかる
  • 使用開始当月の月額料金が無料
  • お知らせボタン長押しでスマホへ通知

発信ボタンのついたタイプではサイズが大きめ。

ボタンの長押しでスマホに位置を通知できます。

使用初月の月額料無料はうれしいですね。

「位置情報+親子で相互に連絡が取り合えるタイプ」おすすめGPS

位置情報に加えて、子供からも親からも相互に連絡をとり合うことのできるGPSです。

3つのタイプの中で費用は最も高くなりますが安心と利便性も高まります。

音声が出たり光ったりするので学校への持ち込みが可能かは

事前に確認するのが良さそうです。

(学校で音を出さないよう消音設定ができるものもあります。)

  • 3タイプの中で最も費用は高め
  • メッセージ機能が充実するほど頻回な充電が必要
  • 子供に持たせる前に操作の練習が必要
  • 学校への持ち込みは確認が必要
端末3年間の費用
みもり(マチコミ)35,508円
amue link(ソニー)39,900円
otta.g(otta)45,760円
conecoコネコ(カーメイト)37,080円
位置情報+親子で相互に連絡が取り合えるタイプ おすすめGPS

みもり(ドリームエリア)

親(スマホ)から音声メッセージ(最大5秒以内)を送信でき

子供が音声を再生し通知ボタンを押すことで、音声の再生がされた通知がスマホに届きます。

みもり(ドリームエリア)
料金本体8,580円 月748円 (3年で35,508円) 
サイズ48×48×19.6(mm)
重さ48g
バッテリー1350mAh
フル充電時間2〜3時間
対応エリアドコモLTE
測位方式GNSS (GPS/みちびき/GLONASS/BeiDou/Galileo)アシストGPS  Wi-Fi 
移動履歴の保存2週間 
更新頻度1.5〜2分/3〜5分 登校時間(7:30〜8:30)は1分間隔
期間の縛りなし
見守る人数最大8人まで
公式サイト【公式】みもり
みもり基本情報

【公式サイトより引用】世界的な半導体不足により現在の在庫が無くなった場合、次回入荷は 1年後の 2022年秋以降になる見込みです。現在の販売推移から 2021年末頃に在庫が無くなる見込みです。ご検討中のかたはお早めにお求めくださいますようお願い致します。

  • 位置情報+親(スマホ)からも子供(GPS)からも発信できる機能
  • 親(スマホ)からの音声メッセージ(5秒以内)は月100件まで無料
  • 子供は通知ボタンで居場所を通知できる
  • 乗り物での移動を自動検知
  • 学校など指定したエリアではサイレントモード
  • アプリで設定した危険エリアに近づくと音声でお知らせ
  • 近隣の不審者目撃情報をアプリ内の地図上で簡単に確認できる
  • 子供が不審者目撃エリアに立ち入ると直接子供に警告、同時にスマホへお知らせ
  • 連続稼働時間は2週間(3〜5分更新、1日3時間移動の場合)

音声メッセージの送信は、「直接録音して送信/収録された音声を選択/文字を音声に変換」から選べるます。

子供(GPS)には、LEDランプと音声でメッセージの受信をお知らせ。

子供から具体的な個別メッセージは送信できませんが、

音声メッセージを再生後にボタンを2回押すことで、音声メッセージが再生されたことを親のスマホにお知らせできます。

乗り物を検知したり、不審者情報を自動で検知・表示する機能もあり充実した装備になっています。

学校でサイレントモードにできるのもありがたいですね。

amue link (ソニー)

音声メッセージ(最大8秒以内)が双方向で送受信できるソニーの高性能GPS。

amue link(ソニー)
料金39,900円(本体代+3年間の通信料)再購入でさらに3年使用可能
サイズ60×26×12.3(mm)
重さ23.7g
バッテリー
フル充電時間2.5時間
対応エリアLTE
測位方式GNSS (GPS/みちびき/GLONASS)加速度/ジャイロ/気圧/地磁気/温度の各センサー
移動履歴の保存1週間 
更新頻度1分/2分/6分 から選択
期間の縛り3年
見守る人数最大5人まで
公式サイト【公式】amue link
amue link基本情報
  • 位置情報+親(スマホ)からも子供(GPS)からも発信できる機能
  • 音声メッセージ(最大8秒以内)が相互に送受信できる
  • 3年間の買い切りタイプ
  • 保証は1年
  • 端末へのメッセージ着信はライトで通知
  • 乗り物での移動を自動検知
  • 周辺温度も確認できる
  • 1回の充電で最大5日間もつ(2分更新で1日2時間の使用の場合)

親からも子供からも最大8秒以内の音声メッセージを録音し送信できます。

ただ録音などの使い方を覚える必要があるので低学年のお子さんは練習が必要かもしれません。

注意したいのは3年間の買い切りタイプで、それ以降使用する場合は再購入が必要な点と

メーカー保証が1年のみという点。

otta.g (otta)

音声メッセージ(最大10秒以内)が双方向で送受信できる防犯ブザーGPS

otta.g(otta)
料金本体10,780円  ボイスメッセージ月80回で880円(3年で45,760円)※事務手数料3,300円
サイズ直径64mm / 厚み34mm
重さ80g
バッテリー650mAh
フル充電時間
対応エリアLTE
測位方式GPS /携帯基地局 /BLE(otta見守りネットワーク)
移動履歴の保存1週間 
更新頻度最短2分
期間の縛りなし
見守る人数最大10人まで
公式サイト【公式】otta.g
otta.g基本情報
  • 位置情報+親(スマホ)からも子供(GPS)からも発信できる機能
  • 音声メッセージ(最大10秒以内)が相互に送受信できる
  • 音声メッセージは月80回で880円、追加チャージは200回/330円
  • 保証は3年(適応条件あり)
  • 端末へのメッセージ着信はライトで通知
  • 周辺温度を検知し熱中症リスクを通知
  • 防犯ブザー機能あり
  • 事務手数料(3,300円)あり

こちらも音声メッセージを相互に送受信できます。

amue link と比較すると音声メッセージが10秒とやや長め、端末保証が3年あり(適応条件あり)安心です。

また買い切りタイプではなく月の通信料は音声メッセージの利用回数によって料金プランが選べます

標準的なプランでも月880円(3年利用で31,680円)なので他の見守りGPSに比べて高めではあります。

amue linkと同じく小さいお子さんは、事前に操作の練習をしておくと安心です。

位置情報の測位衛星がGPSだけなので精度は少々心配です。

発着確認やおおまかな位置が確認できればいい場合、音声でのやりとりに重きを置いている方に最適のGPSです。

conecoコネコ(カーメイト)

「文字」でメッセージを送り合える見守りGPS。

料金本体19,800円  月480円(3年で37,080円)
サイズ43×106×16(mm)
重さ64g
バッテリー620mAh
フル充電時間
対応エリアドコモLTE
測位方式GPS
移動履歴の保存1年間 
更新頻度1分/3分/5分/10分 から選択
期間の縛りなし
見守る人数最大4人まで
公式サイト【公式】coneco(コネコ)
coneco基本情報
  • 位置情報+親(スマホ)からも子供(GPS)からも発信できる機能
  • 文字メッセージが相互に送受信できる
  • 子供は定型文(10種類設定可能)から選択して送信
  • 乗り物を検知しスマホに通知
  • 指定したエリアではマナーモード設定が可能
  • 非発火型バッテリー
  • 1回の充電で約4日もつ(1日4時間移動、4回メッセージ送受信の場合)

音声ではなく文字で相互にやりとりができるタイプです。

子供は定型文の中から選択して送信するので文字を打つ必要はありません。

定型文は10種類設定することができます。

学校などの指定したエリアではマナーモード設定ができるので音が出る心配はなさそうです。

こちらも測位衛星がGPSのみで位置情報の精度は高くはなさそうですが

発着確認やおおまかな場所がわかればいいという場合には相互に連絡もとりあえて問題なしの端末です。

相互にメッセージをやりとりできるタイプの中では費用がおさえめです。

【見守りGPS】3つのタイプ別イチオシ

3つの機能別にわけてそれぞれのおすすめ見守りGPSをご紹介しました。

選ぶ時のポイントをふまえつつ、どんな所を重視するかで検討するのがいいですね。

ちなみに、各GPSのスペックや仕様、それぞれのユーザーさんの口コミなど

総合的にみた私個人のイチオシがこちらです。

「位置情報のみのシンプルタイプ」▶みてねみまもりGPS

「位置情報+子供からの発信機能ありタイプ」▶まもサーチ2

「位置情報+親子で相互に連絡を取り合えるタイプ▶coneco(コネコ)

子供の外出を見守る重要なアイテムであり、

長期間に渡る固定費となるものですので

各ご家庭に合った見守りGPSを見つけてくださいね。

シェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる